「CBSドキュメント」

TBSで放送していた「CBSドキュメント」が終わってしまった。ゴールデンタイムにやらないのが不思議なくらい面白いニュース番組だったのに残念である。20年近くほぼ毎回録画して、授業の資料にもたびたび使用してきたので、私はこの番組のもっとも熱心な視聴者のひとりではないかと思う。時には15分間のニュースレポートの中に、一本の映画を見たとき以上の充実感がつまっているものさえあった。グラミン銀行のこともベネトンの広告のこともマイケル・ムーアのことも、最初に知ったのはこの番組がきっかけだった。現在、インターネットで番組再開の署名活動が行われている。署名するにはユーザー登録をしなければならないのが面倒だけど、日本語で再び「60 minutes」が見たいという人はぜひどうぞ。私は伊藤惣一の吹き替えで番組が再開されることを強く希望します。

→ 「署名TV」TBS CBSドキュメント番組存続要請



すっかりネット時代なので、日本語放送にこだわらなければ、「60 minutes」の番組Webサイトから直接視聴することもできる。もちろん無料で全編視聴可能。日本のテレビ局のように、デジタル化で地上波の放送にまでコピープロテクトをかけたり、ネットでの視聴を有料化するような、けちくさいことはしていない。日本の放送局のやり方は、視聴者の利便性を無視して、著作権で囲い込むことしか頭にないように見える。

 → 60minutes